誠照寺参拝のご案内


●団体による参拝をご希望される方は、まずはお電話により日時の確認をお願いいたします。


電話番号 0778-54-0001 (本山宗務所)

確認がとれたあと、下記事項について本山宛FAX(0778-51-8485)または、下記よりメールにてご連絡をお願いいたします。
※コロナ感染症対策のため、マスク着用にてお参りくださるようお願いいたします。再度感染拡大となった場合には、団体参拝受け入れをいったん中止することもございますので、あらかじめご了承くださいませ。

1 | 団体名  |  
2 | ご人数  |    名 
3  | ご参拝日時  |   

4  | バス駐車場 |  利用 □あり・□なし
5  |  ご担当者名 |  
6  |  ご連絡先 |  電話番号・ご住所
7 |  その他事項 |  
 
メール info@jyosyoji.org
FAX番号 0778-51-8485 (本山宗務所)


●個人でのご参拝の場合

御影堂につきましては、午前9時から午後4時までご自由に堂内へお参りいただけます。

(行事等で御影堂内へお参りいただけない日もございますのであらかじめご了承ください) 
阿弥陀堂(本堂)については防犯上施錠しております。お参りの際は宗務所までお声がけくださいませ。

●納骨についてはご希望の日時をお電話にてお問い合わせください。

駐車場は境内参拝者用をご利用下さい。
※月極駐車場には御停めにならないようお願いします。

団体での参拝をご希望される場合、

まずは

① 電話での日時確認


本山宗務所まで

0778-54-0001

② メールでの予約申し込み

お電話で日時の確認後、下記についてメール送信してください。

 
1 | 団体名  |  
2 | ご人数  |    名 
3  | ご参拝日時  |  令和 ( )年( )月( )日( )曜日
4  | バス駐車場 |  利用 □あり・□なし
5  |  ご担当者名 |  
6  |  ご連絡先 |  電話番号・ご住所
7 |  その他事項 |  

③または、FAXで予約申し込み

メール送信ができない場合はお電話で日時確認後、
下記のPDFファイルをダウンロードして、
本山宗務所までFAXしてください。

FAX番号 0778-51-8485

境内建物

●阿弥陀堂(鯖江市指定文化財)

1887(明治20)年再建。御本尊には阿弥陀如来が安置され、毎年御本尊入山記念日の8月15日に御開扉されています。御宮殿は1753(宝暦3)年の作。脇檀には聖徳太子御木像、法然上人御影、余間には龍樹、天親、曇鸞、道綽、善導、源信各々の御影が安置されています。


●御影堂(鯖江市指定文化財)

1877(明治10)年再建。二十間四面の総欅入母屋造りで、福井県内最大級の木造建築です。内陣中央に親鸞聖人の御木像、並びに歴代法主の連座の御影を安置し、両余間には九字(南無不可思議光如来)、十字(帰命盡十方無碍光如来)の名号が掛けられています。


●四足門(福井県指定文化財)

1779(安永8)年再建。もとは第七代秀応上人のとき、後土御門天皇の勅許により1466(文正元)年に創建されたものです。現在の四足門は「鳥棲まずの門」ともいわれ、左甚五郎作の彫刻とされています。


●鐘楼堂(鯖江市指定文化財)

1846(弘化3)年再建。当時の建築技術の粋を集めて建立されました。

洪鐘は1756(宝暦6)年大阪の冶工、大谷相模椽藤原正次の鋳造で、第2次世界大戦中にも准国宝の名鐘として供出を免れ、今に受け継がれています。


●上野別堂(本尊:鯖江市指定文化財)

上野別堂は親鸞聖人ご流罪途中に、越前上野ヶ原の波多野景之の屋敷に輿車と留め、説法をされたことにちなんで「車の道場」とよばれています。王山のふもとに位置し、現在は本山の別院「光暁寺」となっています。御本尊は慈覚大師直作といわれる木造阿弥陀如来坐像で、親鸞聖人背負の御木像とされています。



●コロナ感染症対策のため、必ずマスク着用にてお参りください。アルコール消毒液を設置しておりますので、手指の消毒をお願いいたします。
●防火管理上、境内・建物内ともすべて禁煙です。喫煙所もございません。